蝉とカラス

蝉は夜にはなかないらしい。蝉は空気が読める。カラスも夜にはなかない。賢い。人間の怒りをかうことを知っているかのようだ。社会の端くれで生きているのに存在感がある彼ら。蝉は一週間で死ぬらしい。カラスはゴミがごちそうらしい。僕は蝉とカラスがすきだ。僕もゴミを食べ、一週間で息絶える生物だったなら僕には考える脳みそは必要ない。脳みそが考えるから僕はいろんなことにさいなまれてる。