とうめい

目に映ったものは透明でした。透明なものがある空間も透明でした。僕も透明なのかな。僕は僕の姿を見たことがない。僕は誰。僕にあるのは心だけ。