私は誰なのと道端の人に聞いてみた。私のことを知らない人だったらしく「おめえなんかしるわけねえだろ」と言われた。私は誰なのと友達に聞いた。友達は私の表面的な特徴を言った。そんな事私も知っている。だってそう見せているんだから。私は誰なのと親に聞いた。それは私が生んだ人間だといった。なんだそれ。私はいつまでたっても人権のない物体としてとらえられているのか、そんな気持ちになった。私の心を脳味噌を代弁してくれる人間なんて私しかいないんだ。