どこに住んでいたとしても僕は僕。何の仕事に就いたとしても僕がどんな選択をしても僕は僕から逃れることはできない。僕は一生僕の奴隷であり僕の指導者なんだ。