選んだ道には先がなかった。行き止まり。引き返すことができないから私は開拓せねばならない。学問と愛想が生きるために必要であることが分かった。学問があっても愛想がなければ干されるし、愛想があっても学問がなければお愚か者でしかない。もう仕方のないことなのだよ。ここにいつまでもいたってしがみついたってどうにもならない。