就職活動があまりにも上手くいきそうにないから私はもう学校をやめて医学部に進学したいです。もしうまくいったとしてもずっと会社員として働く気は毛頭もありませんし、転職先では仕事がおぼつかず毛嫌いされて人生が楽しくなくなる。会社員になったらお金がもらえるという認識しかありません。人間の価値はお金で決まると思っています。お金と仁徳か。もしも社会人になったら弁護士の資格を取ると思います。一生会社にしがみついて生きる予定はありません。私には何らかの特典がないと社会で生きていけません。結婚して子供を産んでという人生をこれから歩むのかと思うと、歩めないのかと思うと、心が苦しくて仕方がありません。結婚しないと社会的にも変な目で見られる。医学部にいって医者になりたい。私にはコツコツした勉強が向いているし性に合っていると思う。ビジネスは向いていない。まったく向いていないし楽しくない。お金儲けは楽しくない。何のために生きているのか全く分からない。お金で生きていることは知っているけれどもう心苦しくて仕方ない。自分のやっていることが意味がなさすぎて泣きたい。だから医者になって意味のあることがしたいと日々感じている。私にできることは何もない。ただ勉強をして付加価値をつけるだけ。考えているだけでは何も生まれない。もう働きたくない。生きたくない。いくら言っても変わらない。何も変わらない。頑張って生きてみてもいいのではないか。懸命に生きていないから毎日がしんどいのではないか。懸命に生きる。誰のために生きる。誰に会うために誰のことを考えて生きてるの。自分のやっていることは何の意味があるの。誰が私のことを見てくれているの。誰が私の影響を受けているの、誰が好きなの。今日は何のためにあったの。自分にそんな価値があると思ってんのか。やり直すなら今しかないのではないか。プラスに考えてこ。現実的にプラスに考えよ。何もない人生にはしたくない。何か自分の力で掴み取れた人生にしたい。何か自分に誇れるものがないと生きてけない。空虚とかもうこりごりだ。もう前進あるのみです。人を毛嫌いしている暇はない。ぐちぐち言っても前に進めない。今日が意味のないものなら今からでも意味のあるものにしたらいいだけのことじゃん。まだ大学生活は終わってないから今できることを時間を無駄にしないで全力でしたほうがいい。安全地帯にはもうすでにたくさんの人がいるからそこにいても争いに巻き込まれるだけ。早めに自分の人生は自分で切り開いて自分だけの砦を築いておかないと。30歳でお金も教養もない大学生は痛い。それがたとえ医学生だとしても。痛い。35歳の未婚女で仕事ができない女は痛い。何もできない女は痛い。そういうことだ。それなら早くこの大学でて社会人なってお金稼いで大人と接して成長したほうがいい。今からの10年間の過ごし方で大方の人生が決まる。考え方も習慣も。子供は早めに産みたい。生きる価値を完全に見失ってつらい。みんなが、ではなくて本当にもう自分はどうなのか、納得いってるのかていうのが大切でしかない。道を外れたら後悔しかしないと思う。できるのかわからないなら行くべきではない。この状況はあれに似ている。APUか長崎県立か迷った時にすごく似ている。あの時の正解は長崎県立に行くことだったと確信している。ほんとに申し訳ない両親に。なにも本心で語ってないな私は。最近思うことは人との距離が遠くなったてこと。人がとてつもなくどうでもよくて会話すら成立できないこと。それと主観が強くなりすぎて謙虚ではないこと。物事を正直に言い始めたら自分がおかしくなり始めたこと。本心は言わないほうがいいのか。よくわからない。