読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が私だ。これ以上でも以下でもない。

立命館アジア太平洋大学 

立命館アジア太平洋大学に入学することに何のためらいもなかった。なぜなら当時はここに入学すれば人生に狂いはないと確信していたからだ。と言うのも私は周りに何かをしてもらって成長するものだと思っていたからだ。組織が自分を育ててくれるものだと勘違いしていた。小中高を経てそのような感覚が染みついていた。間違っていた。ようやく気が付いた。遅いかもしれない。でも気が付いたのだ。このっまではいけないと。私はなかなか大人になり切れていないと思う。大学生なのだという自覚も少ないままに留年を経て就活をすることとなった。どうしたらいいのかわからない。もう生きていいのかさえも分からない。このような不安定な自分になったことがない。先の見えない人生を歩むことになるなんて想像していなかった。