読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が私だ。これ以上でも以下でもない。

立命館アジア太平洋大学 

この学校に入学してから私の人生は狂ったと何回も思った。でもいけなかったのは私の方だったのだ。私がすべていけないかった。自分の人生を自分で切り開こうとしなかったのだ。人生は自分で作るものだという事実を隠していた。かくれないものを隠した気になってても仕方がないのに。エントリーシート間に合いませんでした再び。私はどうしたらいいのだろうか。受かるはずのない企業にESを送り続けている。もうこんな人生いやだな。死ぬ前に友達替えたい。野澤さんと友達になるまで私は死ねない。野澤さん素敵なんだよな。もうどうしようもないくらいに。一目ぼれして、話をしている詩型を見てまたかっこいいなと思った。野澤さん本当にかっこいい。惚れ惚れしました。まいいか。なんとかしないと。自分は負けてばかりではいられない。田舎出身の地方Fラン私立大文系でも負けない。もう負けたくない。学歴で人を見るような人間と付き合わない。とは思っても皆学歴で判断するのだろう。許さない。早慶上智は特に許しがたい。なぜ早慶が上位校なのか理解に苦しむ。それに私がいる大学もう本当に終わっておる。もう生きていく気力をすいとられてしまうくらいにこの大学にはいいところが一つもない。自分の人生をいかようにすべきか分からないのである。私は人生と社会をなめてかかっていた。後悔でしかない。わかっていただろう自分でも本当は。こんなところにいるべきではないと分かっていたはずなの人どうして私はここまで落ちこぼれてしまったのだろうか。私は間違っていたのだ。こんな懺悔じみたことを真似たって何の意味もない。行動のみ価値があり評価される。夢はある。なりたいものはある。それになろう。人生壊れてもそれになることができれば本望ではないか。何かが犠牲になるのは仕方がないし、犠牲なんて無意味。気にしなくていい。犠牲になったもの、なんて言い方おかしい。そもそも自分のものになっていなかったのだから。犠牲というよりも、もとから私の人生にはなかったものなんだよ。人から非難されても私の人生を歩むことができれば後悔しないのではないのかな。でも人と違うことをすることが本望ではない。人と生きたい。一人では生きていきたいくない。助けてと言っても助からないの。自分で自分を救済するしかないの。こういうことだよな人生は本来。

 

社会から認められたい。それに尊敬する人と働きたい。だから大企業にいきたい。これが本音。特に総合商社に入りたい。のに入れない。実力が伴っていないから。中途入社で入るにはどうしたらいいのか。分からない。「すみません」なんて言葉は逃げだ。誤らないでいいようにすることが大前提だ。バカだ私は。もうどうにかしないと、どうにもできなくなる。そうしたらいいのかな。どうしよう。人生どうしよう。私はどう生きたらいいの。社会に認められないとどうどうと生きれない。独特の道なんか歩みたくない。みなと同じ道を歩きたい。それなのにうまくいかない。この糞。糞が。糞ども。夢とキラキラを追ってはだめだ。現実と目標を追わなくては。